株式譲渡をするコツ|オーナーがいなくても大丈夫

男の人

手順を知ろう

m&aを行う際には仲介会社を挟むことが一般的です。m&aを検討する際には、まず仲介会社に買収候補のリストをもらいます。そして、このリストの中から気になる企業をピックアップして、売り手側の経営者と面談していくことになります。

最小限のリスクで売却

オフィス

会社売却の手法

実質的な会社の売却ではありませんが、株式譲渡は株式会社における会社売買の一つの方法になります。株式会社の社長は経営者なのですが、オーナーは資金を出している株主になります。そのため、最も多くの株式を保有している人がオーナーになるのです。第三者に株式を握られていると実質的な経営権はオーナーになるため、経営者にはなくなるのです。そのため多くの会社では、社長や会長をはじめとする役員が自社株を保有することになります。そしてこの株式も取締役会の決議抜きで、第三者に売却したり、譲渡したりすることができないようになっているのです。これは会社が知らぬ間にのっとられないようにする防御策になっているのです。株式譲渡は適正な会社に取締役会に基づき譲渡する事です。会社の実質的なオーナー権を第三者に譲ることで会社を売却するのです。会社のオーナーが変わっても内部の仕事に変化はあまり生じないメリットがあります。通常会社の売却は、経営以下部署もミックスされることが多く、温度差の関係から派閥などが生じやすく、収益にも影響を及ぼすことがあります。しかし株式譲渡を行うことで、実質的なオーナーのみの交代になりますので、会社内部の事業にまで影響を及ぼさなくなるのです。そのため、収益を維持したいなどを考慮する場合には、株式譲渡を利用することが最も効果的なのです。そのため日本では最も行われている会社売却の手法になります。M&Aよりも盛んなのです。

ビル

2パターンに分かれます

企業買収を行う主体は企業である場合とファンドである場合があります。ファンドが企業買収を行う時には、買収された企業の主体性を重んじ、いくつかの専門チームを作って、企業価値の向上に努めようとするケースが多いです。

握手

事業再生における流れ

m&aを行うことで損失が出てしまっている事業を回復させることが出来ます。大まかな流れは最初のマッチングから経営者同士のディスカッション、最終契約の締結からその後のPMI業務となっているのでじっくり取り組むべきです。トラブルが深刻化すると経営者が役員会議でお役御免になることもあるので気をつけましょう。