株式譲渡をするコツ|オーナーがいなくても大丈夫

ウーマン

手順を知ろう

ビジネス

m&aは企業買収と企業合併のことを言います。その手法には株式譲渡形式と合併形式がありますが、両者を比べると株式譲渡形式の方が圧倒的に多くなっています。合併は、被合併会社が消滅してしまうことになり、従業員の抵抗感が強かったり、手続きが煩雑になったりします。一方、株式譲渡の場合は、株式の取得のみで済み、また、買収された側の企業も存続するので従業員の抵抗感も弱いという特徴があります。実際にm&aを進めるときには、買い手企業にせよ、売り手企業にせよ、仲介会社を間に入れることが一般的です。企業間で、直接、m&aを進めるということはまずありません。これはm&aがそれだけ専門的な知識等を必要とするからです。また、売り手はできるだけ高く売りたいと考え、買い手はできるだけ安く買いたいと考えるため、売り手と買い手の評価がかみ合わないことが一般的であり、この問題を友好的に解決するためにも、仲介会社が不可欠なのです。m&aを手掛ける際には、まず仲介会社に買収候補リストを提示してもらいます。そして、その中から気になる企業と面談し、条件交渉を行ったうえで、お互いが納得したら基本合意書を交わすことになります。基本合意書が交わされたら、デューデリジェンスを行い、相手企業の財政状態や事業内容を細かく精査していきます。このデューデリジェンスで、売り手企業に内包されているリスク等を洗い出し、条件に反映させ、最終的な買収価格が決定します。